SCHOOL篠山イノベーターズスクールとは

新しいしごと、農村の未来を創る人のためのスクール

いま、「農村だからこそできる、新しいしごと」を創り出すチャレンジが、求められています。 人口減少・流出により、日本の農村の豊かな資源—受け継がれてきた、自然・歴史・文化・農地など—を、維持することが難しくなってきています。たとえ、農村に移住、定住したくとも、仕事がないという現実的な問題が立ちはだかります。篠山イノベーターズスクールは、農村で、夢や仲間や資源を、みつけ,つなげ,しごととして、カタチにすることを支援するために、丹波篠山に開講された農村での起業・継業スクールです。農村のもつ新しい価値の創造にともに挑んでいきませんか。

得られるもの:セオリー、ノウハウ、ネットワーク

農村での起業・継業には、経営スキルだけでなく、地域社会と確かな関係性を構築していくことも求められます。スクールではあなたが農村で実現したいしごとやライフスタイルをカタチにするためのセオリー(知識)とノウハウ(技術)とネットワーク(仲間)を、地域全体の“ビジネスエコシステム”をとおして提供します。
セオリーは神戸大学を中心とする大学教授などから、ノウハウは様々なタイプの起業家から、ネットワークはコーディネーターが用意する様々な機会から得られます。また、起業の際の専門家の助言、ファンディング、篠山市内でのコワーキングオフィスやインキュベートオフィスなどの橋渡しもいたします。1年間のプログラムを通じて、あなたは起業・継業へのスタートをきることができるようになっているでしょう。

CURRICULUMカリキュラム

農村ビジネス実践者のもと,現場(コミュニティ)での体験を通してノウハウや姿勢を学ぶ「CBL(Community Based Learning)」、農村ビジネスのセオリーを学ぶ「セミナー」、ビジネスモデルづくりから地域での実践、離陸までを、実践者や専門家とともに伴走型で支援する「起業・継業サポート」を組み合わせて学び、1年をかけて起業・継業に結びつけていきます。

講義時間帯

平日   19:40 - 21:10
土曜日  10:40 - 12:10(1限) 13:10 - 14:40(2限) 15:10 - 16:40(3限)
*プログラムによっては、篠山市内などフィールドに出向くことがあります。詳細はそれぞれのページをご確認ください。

修了要件

① CBL 1科目の修了
② セミナー 2科目の修了
③ ビジネスプランの提出

運営体制

主催:篠山市  企画協力:篠山市・神戸大学農村イノベーションラボ
運営:一般社団法人EKILAB.

後援:西日本旅客鉄道株式会社福知山支社
移住協力:篠山市移住相談窓口classo

NEWS

2018.5.10
4期生(2018年5月〜2019年4月)、5/19スタートです。
2018.4.8
第4期生の募集は終了いたしました。次期は2019年5月スタート(2019年1月募集開始予定)です。