篠山イノベーターズスクールとは

いま、日本の農村では、人口減少が急速にすすみ、それに伴って地域の暮らしを支える様々なサービスや施設、そして自然・歴史・文化・農地などの地域資源を維持することが困難になってきています。
篠山市の人口をみても、2001年以降、転出超過が続いており、この先の担い手には不安があります。一方で「田園回帰」といわれるように、農村地域に対する関心が高まっていますが、実際にU・Iターンをしようとしても、「仕事がない」「生活に必要なサービスがない」といった現実的な問題が立ちはだかります。
ならばどうすればよいか。新しい仕事やサービスを創り出せばいい、課題があるなら解決すればいい、行政や大学はそれを支援しよう、そう考えたのが始まりです。

MISSION

”地域の資源を活かし、新しい仕事と農村の未来を創造する人たちを育てる”

農村の資源を活用するためには、農村社会(人や情報、社会関係資本等)とのしっかりとした関係性をもつことが重要です。
それゆえに、私たちは単に農村を利益追求のために利用する人ではなく、ビジネスを通して地域の発展に貢献できる人々を育てたいと考えています。
農村のもつ新しい価値の創造、つまり、農村イノベーションをとおして、自分のしごとをつくる人を増やすこと、篠山に関わりながら暮らす人を増やすこと、それが篠山イノベーターズスクールのミッションです。

スクリーンショット 2017-07-26 18.21.47
kousei_18
スクリーンショット 2017-07-26 18.21.57
kousei_12
スクリーンショット 2017-07-26 18.22.05
kousei_15

篠山イノベーターズスクールは、あなたが農村で新しい価値を見つけ、仲間や地域とネットワークをつくり、やりたいことをカタチにする、そのお手伝いをする、1年間のプログラムです。

篠山を舞台に、地域ビジネス実践家に師事して取り組む実践的なプロジェクト、農村での実践に必要な理論や知識を学ぶセミナー、そして、個別の課題に応じた起業・継業へのサポートを、地域や行政、専門家とともに、全力で提供します。

開講スケジュール

春スタート/秋スタートの2期制、1年間のプログラム。

schedule1-3_26

CBL

篠山を舞台とするプロジェクトに参画し、地域ビジネス実践家からノウハウやスキルを学びながら、自分のビジネスモデルを構築していきます。
1プロジェクト8名の少人数制、全8回のプログラムです。

2017年秋スタート

cbl_syuno_web2_03
cbl_localmedia_web2_03
cbl_keigyo_web2_03

2017年春スタート

cbl_ringyo_web2_03
cbl_tour_web2_03
cbl_teshigoto_web2_03

2016年秋スタート

cbl_taberu_web2_03
cbl_creativenogyo_web_03
cbl_atochi_web2_03

セミナー

大学教員や実務家から、地域でビジネスや活動を行う上で必要な理論や考え方を学びます。事例やワーク、対話を重視した、6回連続のセミナーです。

*セミナーのみの受講も可能です。詳細はこちら

これから開講するセミナー

seminar_finance_01
seminar_marketing_01
seminar_localdesign_01
seminar_designthinking_02
seminar_ruralinnovation_01
seminar_timespace_01

過去に開講したセミナー

seminar_marketing2017_01
seminar_facilitation_01
seminar_localdesign_01
seminar_designthinking2016_01
seminar_ruralinnovation2016_01
seminar_timespace2017_web_02

起業・継業サポート

地域や先輩実践者とのネットワークを活用し、ビジネス開始に向けての具体的な初動を支援します。
またしごとづくりに向けて、個々の課題やステージに応じて、随時サポートを行います。

suport_03
yorozu