小鹿 由加里

ファシリテーター
担当講座:
草木を活かす手仕事づくりプロジェクト

プロフィール

小鹿 由加里(おじか ゆかり)

農学部芸術学科 主宰

1977年名古屋生まれ。京都大学農学研究科農村計画学研究室修了。農村活性とアートの研究をきっかけにのめり込んだ、コンテンポラリーダンスと舞台制作の経験を活かし、’11年より地域の担い手づくりや農村都市交流事業のディレクション、コーディネートに従事。グラフィックデザインや野良仕事も行いながら、既存の枠組みにとらわれない企画を展開。今回担当するプロジェクトの美し山の草木舎には創業に携わる(’15-‘16)。独自の活動に、芸術家を胃から支えるケータリング「茶水」(’05-’11)、野菜が劇場をハッキングする「やさい市」(’08-’10)、援農サークル「マゴノテ」(’10-)、「ひとり華道部」(’13-)、「お米バッグ」(’12-)。無類のゴマ好き。