CBL2017

地域に根ざしたツアー企画開業プロジェクト

これまで観光資源として気付かれていなかったような地域固有の資源を新たに活用した体験型・交流型ツアーの企画をしごとにする上で、必要な視点・求められるノウハウは何か。このCBLでは、欧米を中心とした外国人観光客を中心に、各回1組限定で体験交流型ツアービジネスを運営する「悠ツアー」代表の森 聖太氏を講師に、丹波篠山を舞台に地域に根ざしたツアーの企画を実践します。旅を通じた未来の農村を創造するしごとづくりにともに挑んでみませんか。

本セミナーで学べること

・地域観光資源や魅力の見つけ方、伝え方
・体験交流型のツアーを企画・運営する上で必要な視点、ノウハウ
・世界からみた日本農山村の魅力と発信のコツ
・ツアーを通じた地域づくりの新しい可能性

期間 : 2017年4月15日〜(終了いたしました)
回数 : 計8回

レポート

第1回2017/4/15(土) 10:40 - 12:10
キックオフガイダンス
プログラムの概要説明、各プロジェクトの紹介、 篠山の地域課題や資源についての紹介を行います。
第2回2017/5/17(水) 19:40 – 21:10
「旅」をつくる仕事を知る
「旅」の種類と「旅行商品」についてや、資格がなくてもできること、あるからできること、またインバウンド市場の動向などについて学びます。
第3回2017/5/27(土) 10:00 – 16:00
「暮らしを旅する」ツアーを体感する
森氏のガイドのもと、悠ツアーで企画しているプライベートツアーの体験を通じ、「暮らしを旅するツアー」を体感的に学びます。
第4回2017/6/10(土) 13:10 – 14:40
地域を調べる視点とノウハウを学ぶ
講師とともに篠山市内を散策し、日本人 / 外国人それぞれにとって魅力にうつる地域資源の探し方、コツを学びます。
第5回2017/6/28(水) 19:40 – 21:10
地域を伝えるツアーを企画・立案する
ツアーを企画・準備する上で必要なことは何か。企画において求められるノウハウについて、実際にツアーを企画することを通じて学びます。
第6回2017/7/8土) 10:00 – 16:00
オリジナルツアーを開催する
これまでの学びを活かし、丹波篠山を舞台に1日プログラムのモニターツアーを実施します。
第7回2017/7/12(水) 19:40 – 21:10
新たな観光の仕組みを創造する
企画したツアーを振り返りながら、自分の思うビジネスに活かすためのアイデア、これから農山村で求められる観光ビジネスのあり方について考えます。
第8回2018/7/22(土) 10:40 – 12:10
ラップアップミーティング
各プロジェクトの学びの共有、受講生の今後の展望についての意見交換を行います。

講師紹介

講師

森聖太 (もりせいた)

悠ツアー
担当:地域に根ざしたツアー企画開業プロジェクト →プロフィール
Facebook Instagram Twitter

NEWS

2018.11.1
セミナー「農村イノベーション」が開講しました。
※2019年度生は、12月頃募集要項公開予定です。
2018.9.25
継業CAMP終了いたしました。