レポート

第8回 ラップアップミーティング

CBL 第8回は、全プロジェクト共通「ラップアップミーティング」です。

それぞれのCBLの活動と学びについて、ファシリテーターよりの報告と共有をおこない、
その後、ひとりひとりの今後の展望(ビジネスプラン)について、簡単な発表と意見交換の場をもちました。

「丹波食べる通信(仮称)立ち上げプロジェクト」では、生産者と消費者をつなぐ事業の実践者である、ポン真鍋さんに弟子入りし、”篠山編集室”さながら、地域のなにを、いかに、届けるかを検討してきました。

「クリエイティブ農業実践プロジェクト」では、小規模かつ無農薬で、少量多品種栽培でありながら、クリエイティブな農業の実践者である、吉良有機農園の吉良正博さん・佳晃さんに弟子入りし、畑の素材を価値にし、新たな需要を生み出す、”クリエイティブ”な農業とは何かを考えてきました。

「跡地活用スモールビジネス立ち上げプロジェクト」では、ランドスケープデザイナーでありながら、自身も”カフェ”を拠点に、人と地域とともに育む場のデザインを実践するウチダケイスケさんに弟子入りし、旧福住小学校を事例とした活用プランと、しごとづくりを考えてきました。

CBLで得た、学びや、仲間、地域との出会いが、みなさんの展望として、ひとりひとりの今後につながるカタチでお話されました。

DSC02802 DSC02798 DSC02788

意見交換では、十人十色のアイデアが交わり、中には、早速コラボレーションのお話に発展しはじめた案件もありました。

これからはそれぞれの起業・継業に向けて、次の一歩を踏み出す段階です。
1期生同士で情報や空気感を共有しながら、ともに、個別の案件に向かって、スタッフも全力で取り組んでまいります。

ファシリテーター:はしだ