レポート

第4回 出荷作業~食卓をデザインする収穫・パッキング~

2016.11.6 クリエイティブ農業実践プロジェクト

今回は出荷・販売の技術を学ぶということで、吉良有機農園で実際にしている手順で出荷作業を体験します。

dsc02108

オーダーの入った品種を必要な数、収穫します。
収穫し、土を落とし、梱包する。その細部まで丁寧な作業に思わず感心してしまいます。

感想の中でも「料理をしたくなる見た目で農園の魅力が詰まっている」、「収穫が楽しく、とれた野菜は並べただけですごくきれいで、自分で作った野菜ならもっと感動するだろうなあ」といった声が多かったのが印象的でした。

料理を作るシェフの気持ち、食べる人の気持ちを考えながら収穫している、という吉良さんの言葉の意味を作業を通じて身をもって感じることができたのではないでしょうか。

次回は吉良有機農園のあゆみということで、これまでの21年の歴史について学びながら、これからの農業経営について考えていきます。

ファシリテーター:えとう

CBLトップへ