レポート

第5回 吉良有機農園のあゆみ~21年間の蓄積~

2016.11.20 クリエイティブ農業実践プロジェクト

これまでを振り返り、これからを考える

吉良有機農園の農業は、他とどう違うのか。
プレハブ小屋で野菜を販売していた21年前から、試行錯誤を経て、現在の農業経営に至るまでの経緯を学びます。

dsc02495

まずは吉良有機農園の基礎を築いてきた正博さんから。
「人前で話すのは苦手だから」と照れ笑いを浮かべながら語られる言葉からは、21年前から変わらぬ強い思いを感じることでき、話の中で出てくる「農業こそエリートの仕事」という言葉がとても印象的でした。

後半は佳晃さんから。
分析的な視点から、今の吉良有機農園の農業経営を紐解きます。

dsc02502

経営収支などのリアルな数字も交えながら、聞き応え、見応えのある内容でみなさん話に夢中です。

これまでを振り返り、これからを考える。
前回までの圃場での作業体験と合わせて、中山間地域での農業経営における吉良有機農園の特徴や位置づけをより立体的に理解することができたのではないでしょうか。

次回は提供先の一つであるレストランに足を運び、野菜のより良い味わい方について、シェフとともに研究する姿勢を学びます。

ファシリテーター:えとう

CBLトップへ