レポート

第2回 地域づくりの潮流とイノベーションの必要性

神戸大学農学研究科 中塚雅也准教授による講義「農村イノベーション」。

地域資源とは、イノベーションとは何か、そして、イノベーターになるためのポイントを学び、その中で、自身のビジネスを考えていきます。

経営という視点からみた地域資源

地域にあるもの、生活文化や経済、関係性、生態・自然などの地域資源を経営という視点からみると、どうなっているのか。
そこには地域資源の活用において担い手の多様化と利用と所有にミスマッチがうまれていることが指摘されます。

その上で、あなたが考えるビジネスは?使えそうな資源は?というテーマで、グループで簡単にディスカッション。
深い議論は次回に引き続きます。

dsc02174   dsc02185

なぜ農村でイノベーションが必要か

まさに、このスクールの基幹講座ともいえる内容で、非常に重要な視点です。
イノベーションの定義・要件から学び、これまでの問題解決、課題解決型のアプローチの限界が指摘されます。

その上で、イノベーションを設計するという視点に立ったとき、必要となる2つの要素、すなわち「考え方」と「場」について詳しくご講義いただきました。

ファシリテーター えとう