レポート

第7回 「丹波食べる通信(仮称)」を発送してみよう!

2016.12.26 丹波食べる通信(仮称)立ち上げプロジェクト

 

前回12月12日に宿題となっていたラボやラボのHPを使ってできること / やりたいことについて、考えてきてもらったことを共有しました。

「食」 「掘り起こす」 「つなぐ」
自分が得意なこと、好きなことをベースに「やってみたいこと」のアイデアを出し合います。
駅ナカマルシェ、地元野菜を使ったカレーイベント、地元のカフェの料理取材やおもしろい働き方を取材し発信すること・・・

いろいろとやってみたいことが出てきます。
ここまで進めてきて、共通して「食」や食べることに関わる内容で、あまり知られていない生産者や地域の魅力に光をあてること、またそうした魅力を都市部に広げていく、といった「食べる通信」のキーコンセプト、エッセンスを共有しつつ、そのしくみにこだわるのではなく、共感するメンバーで、与えらえた環境や条件を最大限活かしつつ面白がってできることを模索していくという合意に至ったあたり、このチームの強さをみたような気がして非常に興味深いです。

「具体的にやっちゃうことが大事」と講師のポンさん。
今後新たな動きがここからどう展開していくのか、楽しみです!

CBLとしてはここで一区切りとなりますが、定期的に継続して編集会議をもちましょう、ということで年内最後の講座は終了です。
みなさま全6回ありがとうございました。そして引き続きよろしくお願いします。

ファシリテーター:えとう

CBLトップへ