セミナー

食と農の流通とマーケティング

こんなことが学べます


・流通の役割と仕組み
・マーケティング理論の基礎
・食と農のマーケティングの考え方

食と農の距離が拡大していることが指摘されていますが、それは両者を結びつける流通やマーケティングの役割がますます大きくなっていることを意味します。本稿では、流通の仕組みやマーケティングの基本的な考え方を踏まえて、これからの食と農の流通・マーケティングのあり方について考えていきます。


講師

小野雅之
神戸大学大学院 農学研究科 教授

各回の展開

第1回 流通の役割と仕組みを学ぶ
日 時 4/15(土) 13:10- 14:40
場 所 農村イノベーションラボ

第2回 食品・農産物の流通の仕組み・特徴と新たな動きを知る
日 時 4/15(土) 15:10- 16:40
場 所 農村イノベーションラボ

第3回 マーケティングの基本的考え方を学ぶ
日 時 4/22(土) 13:10- 14:40
場 所 農村イノベーションラボ

第4回 マーケティングの新たな動きを知る
日 時 4/22(土) 15:10- 16:40
場 所 農村イノベーションラボ

第5回 地域・人・モノ・コトを活かしたマーケティングを考える①
日 時 5/13(土) 10:40-12:10
場 所 農村イノベーションラボ

第6回 地域・人・モノ・コトを活かしたマーケティングを考える②
日 時 5/20(土) 10:40-12:10
場 所 農村イノベーションラボ


レポート


その他

これまでのマーケティングは,主として大企業のものでした。いまは,多様な主体がマーケティングを行える時代になっています。そこで,地域を場とした新しいマーケティングのあり方について,一緒に考えていきます。