里地里山創造のコミュニティビジネス

里山の荒廃、耕作放棄地の増加、人口減少と少子高齢化など、課題は山積しています。その解決には個別アプローチではなく、小さくてもかつての循環構造を振り返り、今の断絶や負の循環を見える化し、新たな循環を創る視点が必要になります。里山、田畑、宿場町がコンパクトにまとまっており、交通の要所として丹波篠山の南の玄関口でもある古市地区をフィールドに、地域性と参加者のスキルを活かし、新たなコミュニティビジネスを共創します。

本セミナーで学べること

・農村の現実を知り、ビジネスシーズを知る
・地域循環を知り、新しい循環型ビジネスを考える
・里地里山の活用によるコミュニティづくりの方法

期間 : 2020年5~8月
定員 : 8名
回数 : 計6回

受講生に向けての留意事項

・第3回、4回は里山・畑での実習(草刈り等)を予定しています。
野外で活動できる服装でお越しください。

プログラム

第1回5/30(土) 14:00 - 15:00
オリエンテーション
旧宿場町(古市地区)の歴史的背景
第2回6/13(土) 10:00 - 11:30
里山、田畑利用の歴史と現在の課題
第3回6/27(土) 9:30 - 11:00
実習(1)耕作放棄地にて農地再生に向けた作業
第4回6/27(土) 11:00 - 12:30
実習(2)里地里山の成り立ち
第5回7/11(土) 10:00 - 11:30
地域性と自分の強みを活かした新たな循環構造
かつての循環・断絶の見える化
第6回8/1(土)  10:00 - 11:30
アイデア・プランの発表&地域の方々との意見交換会

講師紹介

講師

吉良 佳晃 (きらよしてる)

吉良有機農園 代表 →プロフィール
Facebook Twitter

NEWS

2020.3.24
2020年度入学生 募集終了しました!