VOICE受講生・修了生紹介

受講生の声

将来の移住に向けて夫婦で学びを共有

井上 真一・真由さん(会社員)

「何か自分たちのしたいことに根ざした生活ができないか」と漠然と悩んでいた時にスクールに出会いました。夫婦で学びや体験をシェアし、スクールの仲間に刺激を受けながら、ビジネスプランを徐々に具体化することができました。

自分のスキル×農村地域の素材新たなビジネスへ。

酒井 大輔さん(フォトグラファー)

自身のスキルを活かし、丹波篠山で元気や喜びを与えられる事をしたいと考え、入校しました。農村地域でのビジネスプランのつくりかたを学んだ事は勿論、同じベクトルで熱量高めのメンバーに出会えた事は、本当に財産となりました。

仲間との出会いが夢への新たな一歩へ

林 港さん(主婦)

食を通して地域と関わりたいと考えていました。ビジネスモデルについて議論する中で、共に協力しあえる仲間に出会えました。学びだけでなく、人と繋がる場である
ことを実感しています。カフェ開業の夢への具体的な一歩を踏み出せました。

受講生プロファイル

年代別

地域別

職業別

男女別

修了後のカタチ

スクール生123名*中25名が既に起業。10名が事業拡大。

カフェの開業

原田 久美子 さん

篠山城下から京都に向かう宿場町である福住地区にある、廃校になった福住小学校をリノベーションした教室でカフェ開業を果たした。

カレー店の開業

東 千世子 さん

丹波篠山市大山上にあったコミュニティカフェとして使用されていた建物を改装し、2019年7月にスパイスカレー「ヒマラヤンワルツ」を開店した。

地域ブランドの立ち上げ

渋谷 啓子 さん

地域らしさを追求したオリジナルブランド「篠山タータン」を発案し、事務局を設立。多様な主体と連携し、商品開発を実践中。空き店舗でのショップ開業を目指す。

農業を継業×映像制作

橋本 豊彦 さん

篠山市の最北端にあたる草山地区で、農業と映像制作の仕事に携わっている。農業では、米や黒豆、栗などを栽培し、映像制作では自治体関連のPR動画や地元のイベント の記録撮影など大小さまざまな仕事を請け負っている。

地域に根ざした
学びの場づくり

高橋 俊 さん

スクール修了後、農業と教育支援の双方に携わる中で、教育支援の魅力に気づく。「ホウカゴノガッコウ」と名付けられた教室で、篠山市内の小・中・高校生を対象に、教育支援事業を行なっている。

他、起業・継業、地域での実践事例多数。






Facebook Twitter

NEWS

2020.5.23
2020年度のスケジュールを更新しました